ヒスイ

ヒスイの特徴と価値

ヒスイを魅力な宝石だと思っている人たちもかなり多いことでしょうか。果たして、ヒスイの価値はどのようにして決定されるのでしょうか。

ヒスイの魅力

ヒスイは、結構、日本でも、エメラルドよりも人気があったりして、高い価値の存在している宝石です。

ヒスイは、5月の誕生石としても知られていて、昔から、「奇跡の石」とも言われていました。

魔除け、護符としても珍重されていたようですね。

ヒスイの価値

ヒスイは、海外では、ジェイドという言い方もされています。世界のいたるところで採掘されているようですね。ただし、現在、宝石として出回っているヒスイに関して言えば、ミャンマー産によってほとんど独占状態のようです。

ミャンマーで採掘されているヒスイは、品質評価の基準ともなる翡翠輝石の含有率も相当高く、透明度、発色と言ったものも最高級の評価がついています。

世界中から評価されているから、需要も高く、相場も高い価格を維持し続けています。

ミャンマー以外に、グアテマラやアメリカと言った場所でも、若干ですが採掘は行われています。

日本を代表する石

更に言えばヒスイは、実際には、日本を代表する石として、2016年国石に選ばれているのです。ヒスイは、日本の宝石の原点という言われ方をすることしもあります。

弥生時代・古墳時代あたりでは、祭祀・呪術に用いられることもあり、装身具や勾玉などに加工されたりしていました。

奈良時代以降、その姿は一度消えて、国内のヒスイの産地も不明な状態が続いていました。そのとき、ヒスイは大陸から持ち込まれたのでは……と思われていたのですが、のちのちこの説は覆されることになります。

新潟県糸魚川市の小滝川でヒスイの原石が見付かったのをキッカケとして、日本でのヒスイは、新潟県糸魚川市あたりから産出されたものだということが判明することになります。

ヒスイの魅力

多くの人たちは、ヒスイに魅了されていらっしゃることでしょう。ヒスイと言えば、グリーンの色合いを想起する人たちが多いかもしれませんが、実際にはヒスイには、赤やオレンジ、白、灰など色とりどりの色合いの魅力が存在しています。

ヒスイの純度を決める翡翠輝石の基本カラーはホワイトなので、真っ白なヒスイには、深いグリーンのヒスイにも匹敵している価値があります。

更に、ヒスイにはネフライト(軟玉)とジェイダイト(硬玉)の2種類があります。宝石買取でも高額で取引が行われるのはジェイダイト(硬玉)のほうです。