デマントイドガーネット

デマントイドガーネットの特徴と価値

デマントイドガーネットという宝石はダイヤモンド以上と評価している人たちも多くいます。果たして、デマントイドガーネットは、どのような宝石なのでしょうか。しっかり
まずは特徴と価値をリサーチしましょう。

ガーネットは一月の誕生石として、日本人の方々も大変注目していることでしょう。そのようなガーネットは、ほとんどがレッドです。しかし、デマントイドガーネットは、まさに反対色と言っていいグリーンの色合いです。

果たして、みなさんはそこに違和感を感じるでしょうか……。果てしない希少性の美しさにただただうっとりしてしまうのでしょうか。

デマントイドガーネットの特徴

デマントイドガーネットは、またに、ダイヤモンド以上の宝石とも言われることがあります。価格も、まさに多くの人たちが求めているからこそ高い価格がつくことになります。

デマントイドガーネットの産地はロシアあたりで、更に、ナミビア、イランでもデマントイドガーネットが採掘されることがあります。

ロシア産のデマントイドガーネット

デマントイドガーネットはいろいろな地域で採掘されますが、なんと言ってもロシア産のデマントイドガーネットが際だっているということが出来ます。

ロシア産のデマントイドガーネットは、濃く深いビビットグリーンが特徴です。更に、ホーステールと呼ばれるインクルージョン(内包物)が含まれているというのもロシアのデマントイドガーネットの特徴として見ていいでしょう。

ホーステールは馬のしっぽのように見えるから、そのような言い方がされるようになったようです。ホーステールは線状のアスベストです。

実際に、インクルージョンって、宝石の価値を下げてしまう要因となってしまうものですが、デマントイドガーネットは例外と言っていいでしょう。まさに、ロシア産のデマントイドガーネットの証しとして見ることが出来ます。

ただし、実際にホーステールが一杯含まれていればより以上価値が存在しているということではなく、輝きの妨げになってしまうようでは逆にデマントイドガーネットの価値を下げてしまうことがあります。

更に、既に鉱山は閉山されている事態もあり、ロシア産のデマントイドガーネットの希少性の価値はどんどん高まっていくばかりです。

まさに、今後もどんどんデマントイドガーネットは価値を高めていくことでしょう。