ダイヤモンド

ダイヤモンドの特徴 それ程まで魅力的なものにしているものは何か

多くの人たちがダイヤモンド・diamondだからということで安心してしまっているのではないでしょうか。「宝石の王様」と言えばやっぱりダイヤモンド・diamondのことでしょう。

ダイヤモンドをプレゼントすれば、最大値の愛情も伝えることが出来ます。

心に嘘があっても……、ダイヤモンドが永遠の愛を伝えてくれることでしょう。

ダイヤモンド・diamondには、他の宝石には存在しない特徴と価値が存在しています。

果たして、ダイヤモンドをそれ程まで魅力的なものにしているものはなんなのでしょうか。

ダイヤモンドとは果たしてなんなのでしょうか。

ダイヤモンドの特徴

ある職人はいいます。私は、未加工である大きなダイヤモンドを見ると,感情的な愛着、ある種の魔力を感じることがありますと。

ダイヤモンドと言えども、そのままの原石ではいまある姿のようにキラキラ輝く訳ではありません。それを、キラキラ輝くこの上ない魅力的宝石に輝かせるためには、職人たちのワザが必要不可欠です。

ダイヤモンドカット発展の歴史と技術

ダイヤモンドの特徴として、ダイヤモンドカット発展の歴史と技術について抜きにして語ることは出来ないでしょう。

ダイヤモンドの結晶は正八面体の等軸状結晶をしています。この八面体面に対し、平行には劈開(へきかい)という結合力の比較的弱い面を使い割る事が可能です。劈開を使うカットの方法をクリービングと言います。

更に、ダイヤモンドの切断、研磨では、構造上そうしなければならない切断可能な方向があり、その方向をグレインと言います。

ダイヤモンドは、更に石の内部で最も柔らかい六面体面、更に柔らかい十二体面があります。

この面に沿いダイヤモンドパウダーを使って切断します。このことをソーイングと呼びます。

ブリリアンス、ディスパージョン、シンチレーション

更に、ダイヤモンドの輝きはブリリアンス、ディスパージョン、シンチレーションの3つのポイントで構成されています。

ダイヤモンドのブリリアンスは輝きであり、ディスパージョンは光の分散、シンチレーションは鏡面反射のことです。

つまりダイヤモンドは、この3つのポイントのバランスが魅力を決定付けています。

いかがでしょうか。ダイヤモンドが、キラキラ私達を魅了しているのは、ダイヤモンドではなく、ダイヤモンドカットの歴史と技術によるものだという言い方も出来るのではないでしょうか。

ダイヤモンドの買取はグリーバー