ダイヤモンド

ダイヤモンドの価値は永遠に続かないかも

ダイヤモンドは、現在、とても価値も高い価格で取引されています。でも、ダイヤモンドの特徴として、その価値は永遠に続くものではないということもいうことが出来るかもしれません。 そのようなことを聞けば、意外と思う人たちもいるかもしれないですよね。

ダイヤモンドの価値に今まで通り温存しているモチベーションではなく、いろいろ判断をして買取してもらうことを決めるのも方法です。

人工ダイヤモンドの技術が進歩した

人工ダイヤモンドの技術が進歩して、ダイヤモンドと同じ様なものが簡単に手に入るのなら、それでもいいと考える人たちも出てくるのではないでしょうか。

人工ダイヤモンドの製造メーカーであるWD Lab Grown Diamondsは、化学気相成長法というノウハウを持ち、現在、天然か人工か区別がつかないダイヤモンドを作っているといいます。

発掘やカッティングが安価に

ダイヤモンドの特徴として、その永遠の輝きはカッティングという手法によって作られているということが出来ます。

更に、発掘に対していろいろな努力が存在しているから、ダイヤモンドの価値も今まで上昇していたということが出来るでしょう。

しかし、いままでコストがかかっていた発掘やカッティングというものに対しての技術の進歩がおきて、安価で行うことが出来るようになれば、ダイヤモンドの価値もダダ下がりしてしまうかもしれません。

市場を制御するダイヤ商人

実際に、ダイヤモンドの価値というものは、希少性に導かれているのではなく、市場を制御するダイヤ商人によって作られているとも言われています。

もしも市場を制御するダイヤ商人という存在がダイヤモンドをコントロールすることをやめてしまえば、ダイヤモンドの価値は、現在のものとは決して同じとはいうことが出来ないでしょう。今後、そのような事態が起きないともいうことが出来ません。

ダイヤモンドの特徴として、その価値は永遠ではないということも覚えておくべきでしょう。

逆に言えば、市場を制御するダイヤ商人たちに守られているからこそダイヤモンドは今まで美しくあり続けることが出来たのですね。

いかがでしょうか。とにかくダイヤモンドに対して永遠という見方をして、ダイヤモンド以上の宝石はないと理解している人たちが、大変多くいます。
そのような意味では、もっとダイヤモンドというものは、繊細な魅力で覆われている宝石なのかもしれません。