スフェーン

スフェーンの特徴と価値

ダイヤモンドよりもスフェーンが好きという
方々がいる程、スフェーンは、ダイヤモンドより強力なファイアを放っています。あなたはスフェーンのことをどの程度ご存じでしょうか。

スフェーンの特徴と価値

スフェーンは、チタナイトという鉱物のことです。チタン石ということもあり、くさび石とも言われることがあります。

スフェーンという名前は、もともギリシャ語で「sphenos(くさび)」という意味合いです。

原石の結晶が三角のくさび形をしているからそのような名前がつけられたようですね。

ダイヤモンドより強いファイアを放ち、いろいろなカラーがあるのも特徴です。

スフェーンは、硬度が5で比較的柔らかめです。ですから、カットということがあまり今まではありませんでした。しかし最近になって、緑、褐色のスフェーンがジュエリーに加工されるケースがあり、多くの人たちがスフェーンという宝石により注目するようになりました。

スフェーンの産地

スフェーンの産地は、ブラジルとマダガスカルです。他にも、スフェーンは、オーストリア、カナダ、スイス、メキシコ、イタリア、ロシア、パキスタン、カナダ、米国、中国、ミャンマーなどのエリアで産出されています。

スフェーンの色

更に、スフェーンの魅力は、色とりどりの色合いともいうことが出来ます。黄色、褐色、赤色、緑色、灰色といった豊富なカラーに、多くの人たちが魅了されていることでしょう。

特に、黄色や緑色のスフェーンは、現在とても人気があります。 少量の鉄分を含んでいるから、このようなカラーが形成されることになります。

スフェーンの原石は半透明から透明なものがあり、透明のものに対しては強い3色の多色性があります。

複屈折量が大きくて、ファセットをカットした場合、裏面は二重に見えます。

ダイヤモンドよりも強いファイアを発する

スフェーンは、光の分散がとても大きいのでダイヤモンド以上の強いファイアを発するのも大きな魅力です。光りの分散が大きくて、ファセットごとの色合いが、黄色・緑と言ったように違って見えるのもスフェーンの特徴です。

スフェーンは、いままでそれ程カットされることがありませんでした。かつ産出量も少ないから、現在、とても貴重な宝石として注目されています。

わずかな鉄分を含有することで美しい緑や黄色を発することになりますが、逆に鉄分が多くなってしまうことで黒や茶色の色味が濃くなってしまう傾向があります。