スファレライト

スファレライトの特徴と価値

スファレライトという宝石のことはご存じでしょうか。

スファレライトは、スフェーンと名前も似た感じですが、宝石として似たタイプなのでしょうか。

スファレライトもスフェーンもよくダイヤモンドに匹敵する輝きを持っていると言われることがあります。かつ、スファレライトもスフェーンも市場にはなかなか出回る機会がない程の希少石です。

ですから、スフェーンのこともスファレライトのことも知らないという人たちもいらっしゃることでしょう。

スファレライトの特徴と価値

まさにいまスファレライトの魅力に酔いしれている方々もいらっしゃることでしょう。スファレライトは、鉱物名もスファレライト、和名では閃亜鉛鉱(せんあえんこう)と言います。

ギリシャ語のスファロス(sphaleros)からその名が出来たとも言われています。スファロス(sphaleros)とは、そもそも嘘つきや裏切り者という意味を持った言葉です。

なんで、スファレライトにこのような名前がついたのかと言えば、一緒によく産出されることのあるガレナ(方鉛鉱(ほうえんこう)と言ったものと、見た目も良く似た感じで、なかなか見わけがつかないからのようです。

スファレライトのカラー

スファレライトのカラーは、ブラウン、レッド、ブラック、グリーン、イエロー、クリアです。

スファレライトは、鉄分を多く含んでいて、深いレッドからブラックと言った色合いも多くあります。

ただし、硫化亜鉛が多く含まれるものがあり、そのようなタイプのスファレライトはホワイトやイエローを発し透明感をアップさせることが出来ます。

鉄分があまり含まれておらず、透明感があって飴色を発色しているものに対しては「べっ甲亜鉛」と呼んだりします。

更に、スファレライトの中でも、より透明感のあるものに対して、「クライオフェン」という言い方をします。

スファレライトとスフェーンの似ている点

ダイヤモンドに匹敵する屈折率&ダイヤモンドに勝る分散度は共にスファレライトとスフェーンは似ていると言っていいでしょう。
硬度の低さあたりも似ている点です。

ただし、もちろんスフェーンとスファレライトは違う宝石です。スファレライトとスフェーンの大きな違いも屈折率ということが出来ます。

さまざまな色のファイア、ギラギラ強く光っているのはスファレライトの方です。ですからよりスファレライトの方が魅力的に感じている方々も多くいることでしょう。