ゴールデンパール

ゴールデンパールの特徴と価値

ゴールデンパールとはどのような宝石なのかご存じでしょうか。 あまり名前を聞かない宝石ですが、兎に角私はゴールデンパールが好きという方々も多くいらっしゃるようです。

ゴールデンパールとは

希少価値の高い宝石、それはゴールデンパールのことです。ゴールデンパールは、フィリピン本島の南西部からカリマンタン島海域にかけて生息している金色の「白蝶貝」から採取されます。

ゴールデンパールは、南洋白蝶真珠の種類のひとつです。

南洋白蝶真珠自体も、生息に適している海域が限定されてしまっているため、今後もそれ程生産量を増やすことは期待することが出来ません。

実際に、カラーの濃いゴールデンパールは、希少性が高く、2、3%程度しか生産されることがありませんので、なかなかお目にかかる機会も少ないことでしょう。

挿核から収穫に至るまでの経緯は2年かけ、貝を丁寧に育て上げることで味わいの深い金色のゴールデンパールを作ることが出来ます。

やっぱりゴールデンパールを求めているのなら、レベルの高いゴールデンパールがいいと思っている方々が多いのではないでしょうか。

ゴールデンパールには、豊かさ、リッチ感、安心、快適な暮らし、上品などなど、いろいろな意味合いがある宝石です。とにかくレベルの高いライフスタイルを求めているというのなら、まずはゴールデンパールを手元に寄せるというのがいいのではないでしょうか。

<h2>ゴールデンパールの価値</h2>

ゴールデンパールには、色合いが薄いものが多く存在していますが、濃い金色の真珠に対しては「茶金系」と呼ばれ、非常に価値ある希少な真珠です。

しかし、一般的に流通しているゴールデンパールの方は、比較的薄い色合いのものが多く、 「クリームイエロー系」と言ったものが多いでしょう。

濃い金色であってもテリが弱いものがあり、暗い印象となり、レベルの高いゴールデンパールは色が濃く真珠の奥から込み上げてくるような輝きの深みが存在します。

本物のゴールデンパールを求めている人たちは、なかなか自分好みのゴールデンパールと出会うことが出来ていない難しさも存在してしまっているかもしれません。 ゴールデンパールほどの希少性のある宝石を求めてしまうからの試練ともいうことが出来るのではないでしょうか。

まさにそのような人たちを救ってくれるのは、プロフェッショナルの宝石専門卸業者ということになるのではないでしょうか。