オパール

オパールの特徴と価値

果たしてオパールの特徴と価値はどのように決定されるのでしょうか。

オパールは、10月の誕生石として、日本でも人気の宝石です。

オパールは、「虹色石」とも言われることがあります。

オパールとは

オパールとは、「オパルス」から出来た言葉であり、ラテン語で宝石という意味合いを持っています。

古代ローマでは、既に、宝飾品として多くの人たちに注目されていました。

更にオパールは、唯一水分を含んでいる宝石であり原石をカットする前には天日で乾燥する工程があります。そのとき、乾燥している最中にオパールが割れてしまうこともあります。

まさに、このとき乾燥に耐えることが出来るオパールが、ネックレスや指輪になり、多くの人たちを魅了することになります。

ホワイトオパール

多くの人たちが、ホワイトオパールに注目していらっしゃることでしょう。日本人の方々にとても親しまれているホワイトオパールです。ホワイトオパールは、明るい感じで優しい色合いをしています。産出国はオーストラリアのクーパーペディ、ミンタビーです。

ライトオパールという言い方をすることもあります。 内部が虹色に輝くものはプレシャスオパールということもあり、輝きがそれ程ないものに対しては、コモンオパールと言います。

ホワイトオパールの場合、比較的産出量も多く、手頃な価格で入手出来ることも人気のひとつです。

ブラックオパール

一番価値が高く存在しているのがブラックオパールです。ブラックオパールは、オーストラリアのライトニングリッジあたりで採掘されています。

赤、橙、インディゴライト(藍色)、紫、緑、青と言った色合いの違いがあり、それぞれの色合いに対して評価が変わります。

黒の上に真っ赤の模様が入っているものは、「レッドインブラック」といい、ブラックオパールの中でも最高レベルです。

メキシカンオパール

更に、メキシカンオパールは、メキシコで産出されるオパールです。赤・オレンジ・黄色の色合いで、かつ透明感があってとても美しいオパールです。

その中でも地色の純度が赤いものに対して、「ファイヤー・オパール」という言い方をします。赤色の純度が高いものは、ブラックオパール以上、価格が高いこともあります。

更に、オパールには、ボルダーオパールがあります。ボルダーオパールは、オーストラリア北東部のクイーンズランド州だけで採掘されるオパールです。

ボルダーオパールは、「ブラック・ボルダー」「クリスタル・ボルダー」「ヤワ・ナッツ」「ボルダー・マトリックス」の種類があります。特別カラーの拘りはなく、幅広い色合いを持っています。